ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

サーバーOSの種類と違い 大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート アスモチ

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート

アスモチのハカセです。

 

 

今回は「サーバーOSの種類と違い」についてお話しします。

 

パソコンやスマホに搭載されている「Windows」「Mac OS」「Android」などのOS(オペレーションシステム)ご存じの方も多いと思います。

 

しかし、OSの中には「サーバーOS」と呼ばれるものがあるのをご存じでしょうか?

 

サーバーOSはホームページの公開やメールの送受信、ビジネスだと社内でファイルの共有をしたりする際のサーバーに使われています。

サーバーに関しては以前記事で「初心者向け!サーバーって一体何?」でご紹介していますのでそちらも合わせてご覧いただければと思います。

 

それでは、この記事でサーバーOSの基本的なことを学んでおきましょう。

サーバー

 

【サーバーOSとは?】

 

サーバー、つまりサービスを提供する側のコンピューターも普通のコンピューターと変わりありませんので、OSがないと動くことが出来ません。

 

サーバーOSとはサーバー用に開発されたOS、もしくはサーバー用として広く使用されているOSの事を言います。

 

通常のOSとの違いとしては、サーバーOSにはサーバー配下のコンピューターを管理する機能がある事、そして、サーバーOSは通常のパソコンに使用されているクライアントOSよりも安定性に優れ、高速処理が可能である事が挙げられます。

 

これはサーバーOSが私たちユーザーのリクエストに対して即座に対応していかなければならないためです。

 

サーバーOSにはいくつか種類がありますが、「Windows系」か「UNIX系(Linuxも含む)」の2つが主流となっています。

 

 

【Windows系サーバー】

Microsoftが開発しているサーバーOSで、自宅や会社などで一般的に使用されているWindowsと操作方法や画面の構成が似ていますが、サーバー向けということで、より安定性やスペックが高くなっています。

 

Windows系のサーバーOS は初心者でも比較的操作が簡単で、入門書やマニュアルなども豊富で必要な情報が得やすい上に、クライアントのパソコンがWindows OSなら管理がしやすいというメリットがあります。

 

Windows系サーバーOSには「Active Directory」と呼ばれる管理システムがあります。

 

これはネットワークにつながっているユーザーに関する情報や権限などを管理するシステムで、社内のパソコンなどのユーザー管理やパソコンの設定を一括で変更することが出来るため、パソコンの台数が多い場合などには大変便利です。

 

一方、Windows系サーバーOSを利用するにはライセンス料が必要となります。

また、サーバーに同時接続できるユーザーの数だけ利用権を取得する必要があるため、費用がかかる点がデメリットとして挙げられます。

 

■参考
マイクロソフト Windows Server
https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server

 

【UNIX系サーバーOS】

 

UNIXとは「マルチユーザー」(同時に複数のユーザーが利用できる)と「マルチタスク」(同時に複数の処理を行う)を備えるOSとして開発されました。

 

Windowsよりもずっと以前にこれらの機能を実現しており、UNIXはサーバーOSの元祖と言ってもいいでしょう。

 

世の中に多数ある様々なOSの多くはこのUNIXがベースになっており、BSD、FreeBSD、HP-UX、Open BSD、AIX、Solarisといった派生OSが数多くあります。

 

実はAppleのMac OSもこのUNIXから派生したOSです。

 

現在はUNIXは企業で開発されているので使用するにはライセンス料がかかりますが、UNIXから派生したサーバーOSには無料で公開されているオープンソースのものもあります。

 

UNIX系サーバーOSはWindows系と比較するとセキュリティ、安定性が高く、不具合やトラブルが起こりにくい、低スペックのサーバーでも動作しやすく、処理速度が速いといった特徴があります。

 

一方で初心者でも操作しやすいWindows系サーバーOSと比較すると、ある程度知識を持っていないと操作が難しいというデメリットがあります。

 

知識や技術をもつ人材を確保する必要があるため、場合によってはライセンス料がかからない代わりに人件費というコストがかかる場合もありますので一概に安く利用できるとは限らないという事ですね。

■参考
The Open Group
http://www.unix.org/

 

【Linuxについて】

 

UNIXと互換性のある、オープンソースのOSです。

 

UNIXは当初、研究用に設計内容が公開され、自由に利用することができましたが、後にライセンス化されるようになります。

 

高価なライセンス料のためUNIXを個人で使うことが難しく、そのような中で開発されたのが「UNIX風のOS」であるLinuxでした。

 

Linuxはオープンソースのため、誰でも自由に使用できてライセンス料がかからないのが大きなメリットです。

 

加えて、多くの技術者たちの手によって改良が重ねられ、現在では代表的なサーバーOSの1つとなっており、数多くのディストリビューション(簡単に説明すると種類)があります。

種類は無数にありどのように派生しているかが分かるタイムラインがWikipediaに掲載されているので一度参考に見ていただければ、その数に驚くかと思います。

■参考

Wikipedia
様々に派生したLinuxディストリビューションのタイムライン

余談ですが近年、Windows10のアップデートでWSL(Windows Subsystem for Linux)という機能が追加されWindows上で仮想のLinuxが使えるようになりました。
MacがOS Xになった時、UNIXがベースになったこともありプログラマーやエンジニアの人達が開発環境としてすぐに使えるMacを選ぶ傾向がありました。
まだまだ途上ですが、WSLでWindows上でLinuxが使えるようになったのでそのような人が減ってくるかもしれません。

■参考
The Linux Kernel Organization
https://www.kernel.org/

 

 

いかがでしたか?

 

今回はサーバーOSについてお話ししました。

 

サーバーOSは種類が違うと扱い方も大きく異なっており、Windows Server は分かるけどLinuxが分からない人・Linuxは分かるけどWindows Serverは分からない人がいるくらい全然違います。

 

普段はサーバーに関わることがない人でも、LinuxはUSBを普通のパソコンに刺して起動させるだけで使えるものもあります。試しに使ってみたら普通のWindowsとの違いやサーバーに特化している機能がある事が実感できます。

「USB Linux」「usb ubuntu」で検索すると作り方を紹介しているページが出てきます。意外と簡単にできるので是非挑戦してみてください。

 

アスモチは大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート、

Webサイト制作及びシステム構築等、IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ