ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

【ご注意】フィッシングメールのタイトルが本当ぽくて困る 大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート アスモチ

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート

アスモチのハカセです。

 

最近、またフィッシングメールが増えているそうです。

うちにもよく来ます。
届いたタイトルを見てひとりでツッコんでます。

例えば、
「楽天カードのお申込み受け付けました。」
楽天のカード申し込んでいないのに、勝手に受け付けられても困るわ!

とか、

「三菱UFJ信託銀行の口座お申込み受付」
勝手に受け付けるな!

とか、

「Apple IDを利用してiphone7でiCloudにサインインしました」
使っているスマホはAndroidなんですが・・・

とか、バラエティに富んでいてなかなか敵もやるなと感心する毎日です。

下記、こんなメールです。

こちらには来ていないのですが、
Adobeを名乗ったフィッシングメール
ディズニーランドの入場券当選メール
色々あるみたいです。

【参考サイト】
【ご注意】アドビをかたるフィッシングメールについて

突然の「Apple IDが無効」メールに要注意

【注意喚起】楽天カード株式会社を名乗るフィッシングメールのクオリティがガチでヤバい

「こんなの怪しくてすぐ見破れるwww」 最近のフィッシング詐欺はそんな人が引っ掛かる

 

通常、よくよく考えたら引っかからないのですが無くならないということは引っかかる人がいるということで計算してみました。

こういうメールは何万通と適当なアドレスに送っています。
例えば1万通送って届いていたと想定して1%の人が引っかかったら
10,000×0.01=100
100人も引っかかっていることになります。
0.01%でも10人の計算です。
10万通だとそれぞれ、1,000人・100人の人が引っかかっる計算です。
なかなかの数ですね。

さて、フィッシングメールに引っかかってリンクを開いた場合、どうなるかというと・・・

■パターン1
偽のサイトに誘導して情報を入力させて口座番号やパスワードやを盗む、そして盗んだ情報でお金を引き出す

■パターン2
メールに記載したリンク先にパソコンに害を与えるプログラムを置いておいて、パソコンを感染させる。
感染させたパソコンから個人情報やクレジット・銀行の口座情報を抜き取れるようにして、不正にお金を引き出す。

さらに、感染させたパソコンから更に他のパソコンにも不正なプログラムを拡散させて被害を拡大させる

基本的にはこんなところです。

なので、数人が引っかかれば十分に元が取れるのです。

じゃあ、感染させないためにどうすればいいかというと、
「ウイルス対策のソフトをちゃんと入れておく」
「覚えのないメールは捨てる」
事が最低限だと思います。

判別がつかない場合は、メールが届いたサイトに注意情報が無いかを確認するセキュリティのサイトを確認するそれで安全かどうか調べることが大事です。

ちなみに送信アドレスもそれっぽかったりするのですが、そんなのはいくらでも偽証できるので安全かどうかの判断材料にならないので注意してください。

自分が引っかかれば他の人にも被害を拡大させて大変なことになる可能性もあるので十分に注意してくださいねー!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、是非ソーシャルメディアで共有をしてください!

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ