ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

ハッキングの手法にはどういうものがある? 大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート アスモチ

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート
アスモチのハカセです。

今回は「ハッキングの手法」についてお話しします。

「ハッキング」という言葉はテレビや映画の中だけだと思っていませんか?

実は、実際に多くのホームページがハッキングに遭い、情報漏洩や改ざんなどの被害を受けることはあるのです。

今回の記事を読んで、ハッキングにはどのような手口があり、どのように対策すればいいのかを勉強しておきましょう。

ハッカー

【ハッキングの定義】

ハッキングとは、コンピューターへの不正な攻撃や侵入により、機密情報を入手したりする行動の事を言います。

また、ハッキングを行う人を「ハッカー」と一般的には言いますが、正確には違います。
正確にはハッカーはコンピューターや電気回路について普通の人より深い技術的な知識があり、その知識を利用して技術的な課題をクリアする人のことです。
専門的な知識を利用してコンピューターの「内側」を覗くこともしますが、あくまでも問題を解決するためです。
このコンピューターの「内側」を見る行為が問題解決ではなく、破壊行為や情報を盗むことが目的の不正アクセスの場合はハッカーではなく「クラッカー」と言われます。

マスコミで報道される際、ハッカーという言葉が使われているため、そっちの方が一般的になっていますが、正確には「クラッカー」で不正にアクセスして悪事を働くことを「クラッキング」と言いいます。

このブログでは、馴染みがまだまだ薄いので一般的に普及してしまっている「ハッカー」「ハッキング」という言葉を使わせていただきます。
本当はクラッカー・クラッキングなんだなと読み替えていただければ正しい知識が付くかと思います。

クラッカー

 

【ハッキングとは?】

Webサイトが「ハッキングされた」と言う場合、何通りかの状況が考えられます。

•何者かが自分のアカウントにアクセスできるようになっている

•サイトへのアクセスが可能になり、悪意のあるコード(ハッカーの意図によって様々)をサイトに挿入している。

サイトがハッキングされると次のような被害が想定されます。

・サイト訪問者のコンピューターをウイルスに感染させる
・サイト訪問者を別のサイトに転送させてしまう。
・ハッキングしたWebサイトを使用して別のWebサイトを攻撃し、ダウンさせる。
・サイトに関する情報の漏えいや改ざんを行う。

【Webサイトをハッキングする手口】

よく使われるハッキングの手口を解説します。セキュリティ対策が不足しているサイトだと、これらの手口で簡単にハッキングされる恐れがあります。

① クロスサイトスクリプティング(XSS)

ハッカーがサイト利用者のブラウザ上で、任意の操作を実行することが出来ます。サイト訪問者を強制的に別のサイトへ飛ばしてウイルスに感染させる、個人情報などの入力時にキーボードの入力内容を盗み見て、外部送信するといった事が出来ます。

また、Cookieの盗難も可能で、個人情報の確認ページなど利用者が表示していたページをハッカーに盗み見られる可能性があります。

② SQLインジェクション

SQLとは、データベースの管理・操作を実行するプログラミング言語です。このSQLを悪用してデータベースに不正な操作をおこなうのがSQLインジェクションです。

③ クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)

ハッカーがBBSなどに興味を引くような文章とURLを貼り、クリックすると意図しない書き込みや操作をさせることが出来ます。

この手口が使われると、上記のように意図しない書き込みをさせる他、個人情報データを送信するURLであれば、情報漏えいや金銭的な被害を及ぼす可能性もあります。

④ クリックジャッキング

通常のサイトのページの後ろに、罠を設置したサイトのページを重ねるというハッキング手法です。見たところ問題のないリンクをクリックすると、重ねてある罠サイトのリンクもクリックしてしまいます。

クリックすると入力した情報を罠サイト側に送信してしまったり、掲示板などに意図しない書き込みをさせられるといった被害が起こる可能性があります。サイトが重ねられているのは見た目で判断できず、知らないうちに被害を受けてしまうという特徴があります。

⑤ 強制ブラウジング
Webページにアクセスする際に、公開されたページからリンクをたどるのではなく、アドレスバーに直接URLを入力することで、Webサイト側では公開するつもりのないファイル等を盗み見る、という攻撃です。

【ハッキングを防止策】

ハッキングを防止するために、次のような対策を取ることが出来ます。

・安全なパスワードを使用する。
簡単に推測することの出来ない複雑なパスワードを使用することがハッカーの侵入を防ぐことにつながります。

•セキュリティソフトを導入する
セキュリティソフトを入れておけば安心という訳ではありません。常に最新の状態にアップデートしておくことが大切です。

•Webサイトのソフトウェアを更新する。
例えばWordPressを利用しているのなら、常に最新のバージョンにアップデートすることでマルウェアの侵入を防ぐことが出来ます。

・セキュリティ診断を行う
サイトに脆弱性があると狙われやすくなります。
セキュリティ会社の診断サービスなどを利用して脆弱性を調べ、対策するという方法があります。

ハッキングの手法は日々進化し、ハッキングをするハッカーはとても技術的に優れた人が多いので、上記だけで完全に防止できることはありません。
ハッキングされてパソコンが使えなくなったりデータを失ったりするリスクを考えて、本当に大事で流出させると問題のあるファイルはパソコンに置かず、外付けのストレージに保存したり、パソコンが急に使えなくなるリスクを考慮して定期的なバックアップをおくことが重要です。

セキュリティ

いかがでしたか?

今回はハッキングの手法や対策方法をご紹介しました。

ハッキングの手法は専門的な用語も多く、難しく感じるかもしれませが、どのような手口があるのかを知っておくことも大事なハッキング対策の一つと言えます。

基本的な対策を普段からおろそかにしない事も大切ですね。

アスモチは大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート、

Webサイト制作及びシステム構築等、IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、是非ソーシャルメディアで共有をしてください!

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ