ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

月額5,000円からのITサポート

2つのモニターで作業効率化

大阪・西宮・神戸のパソコントラブル等のITトラブルサポート
アスモチのハカセです。

皆さん、モニターが2つあったら便利だなーと思いませんか?

テレビとかでデイトレーダーとか監視カメラで複数のモニターを使っているのを見て、特殊な機械が無いとできないと思っている方が意外といますが、全然そんな事はなく、パソコンの画面を2つのモニターに出力するのは簡単にできます。

まずは当然2台のモニターが必要ですね。
それから、まずは使っているパソコンの映像の出力端子が有るか無いか(※無い場合は別の機器が必要になります。)から確認してください。

ディスプレイ端子の種類

大体のパソコンは
VGA端子(アナログRGB端子とも言われます)、HDMI端子、付いているパソコンは減っていますがDVI端子だと思います。
あとMacの場合はThunderbolt(サンダーボルト)、一部のWindowsのノートパソコンではDisplayPort(ディスプレイポート)、Mini DisplayPortとかもあります。

それぞれの形状、詳しい内容は下記を参照しください。
VGA端子HDMI端子DVI端子ThunderboltDisplayPortMini DisplayPort

パソコンについている端子に対応したモニターをパソコンにつなげて少しだけ設定してやれば、デュアルモニター環境は完了です。

デュアルモニター設定方法

Windowsの場合

設定も非常に簡単です。

①デスクトップのどこか空いている所を右クリックして「ディスプレイ設定」をクリック

②「ディスプレイ設定」のなかの「複数の複数のディスプレイ」から「表示画面を拡張する」を選択

以上で完了です。
後はディスプレイのカスタマイズで画面の場所(左右や上下)や解像度を調整すれば2画面(デュアルディスプレイ)でパソコンが使えるようになります。

Macの場合

①Appleメニューから「システム環境設定」を選択します。

②「ディスプレイ」を選択します。

③「調整」タブをクリックします。

④「調整」パネルの左下隅で「ディスプレイをミラーリング」チェックボックスのチェックが外れているかを確認し外れていれば完了です。

これだけの操作で簡単に2画面(デュアルディスプレイ)になります。

もし、昔のパソコンで使っていないモニターがあったら試してみてください。
モニターは最近非常に安いので快適な環境を作る為の価値ある投資になるので是非試して組みてください!

この記事の内容が役に立ったと思ったら、是非ソーシャルメディアで共有をしてください!

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ