ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

月額5,000円からのITサポート

初心者向け!SSDって何?

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート
アスモチのニッシャーです。こちらの人気記事も是非ご覧ください。
Windowsのパソコンでできるちょっとしたとても便利な機能【デスクトップ画面の一発表示等】

今回は「SSD」についてお話しします。

HDD(ハードディスク)という言葉は聞き慣れている人も多いと思いますが、現在ではHDDに変わってSSDを搭載しているパソコンが増えています。
自分のパソコンをHDDからSSDに交換すれば、パソコンのパフォーマンスを大きく上げて業務効率化が進みます。

SSDには一体どんな特徴があるのでしょうか。

【SSDとは?】

SSD(ソリッドステイトドライブ)とは、フラッシュメモリを用いた記憶装置のことです。
従来のHDD(ハードディスク)に代わり、軽量薄型ノートパソコンやスマートフォンに使われています。

従来のHDDは金属のディスクに情報を記録させるものでしたが、SSDは半導体メモリに情報を書き込み記録させます。

内部にはフラッシュメモリチップが並べられており、USBメモリと基本的に同じ種類のものと考えていいでしょう。
しかしSSDにはコントローラーが付いていて、データ速度を向上させたり寿命を延ばしたりする工夫が施されています。

現在SSDはほとんどのスマートフォンやタブレットPCに搭載されています。
またメーカー製のパソコンにもSSDを搭載する製品が増えており、今後はSSDが主流になると言われています。

SSDとHDDは比較されることが多いですが、それぞれ長所と短所があります。

SSDには一体どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか

【SSDのメリット】

・HDDに比べて処理速度が高速である

SSDはHDDのように機械的に書き込むのではなく電子データのやり取りだけなので、高速でデータ処理をすることが出来ます。
読み込み速度が速いと、電源を入れてからデスクトップ画面が表示されるまでの時間が短縮されたり、アプリケーションの起動が速くなったりします。

SSDはHDDに比べて2~3倍読み込み速度に優れている為、使ってみたらその速さを実感できるでしょう。

・動作音がなく静か、衝撃・振動に強い

HDDは使用する時にディスクが回ったりアームが動くシーク音がしますが、メモリチップが並べられているだけのSSDは電子データのやり取りだけですので無音でとても静かです。

また、HDDの様にぶつかってディスクが傷ついたり壊れたりすることもありません。
非常に高い耐衝撃性を持っています。

他にも発熱が少ない、軽量である、省電力でバッテリーが長持ちするといったメリットがあります。

【SSDのデメリット】

・書き換え回数に制限がある

SSDに搭載されているNAND型フラッシュメモリ―には書き換え回数に制限があります。
HDDの書き換え可能回数は100万回程度と言われますが、SSDは1万~10万回程度と言われています。

ただし自宅用パソコンとして一般的な使い方をする分には5~10年は問題なく使用できますので、あまり気にする必要はありません。

・同じ容量のHDDと比べた場合単価が高い(10倍~20倍)

容量あたりの単価はHDDと比べると割高で、大容量の記憶装置としてはコストパフォーマンスが悪いとも言えます。

【SSDの選び方】

SSDにも様々なタイプがあります。
下記のポイントを参考にして選んでみて下さい。

・容量

SSDは容量の大きなものもありますが、価格が高いので小さなものを選ぶ人が多いです。
ただしOSをインストールするだけである程度容量を使ってしまいますので、あまり少ない容量だと後々困るかもしれません。

少なくとも64GBより大きいものを選ぶようにしましょう。

・インターフェース(SATAとIDE)

SSDにはSATAとIDEの2種類のインターフェースがあります。

SATAは現在主流の規格で、IDEはSATAが登場するまでの古い規格となります。
間違えてIDEを選ばないように注意しましょう。

・タイプ(SLCとMLC)

SSDには、SLCとMLCという2つのタイプがあります。

・SLCは高速だが容量が少ない、高価
・MLCは容量が大きく安価だが速度はSLCに劣る

という特徴があります。

一般的にはMLCの方が普及しています。

・キャッシュ容量

現在普及しているSSDには通常キャッシュというものが付いていますが、キャッシュがあるとデータ処理を高速化できるだけでなくSSDのフラッシュメモリへのアクセス回数を少なくできるので、SSDの寿命が延びるというメリットがあります。

このキャッシュ容量が大きい方が高性能ですがその分高価になります。
予算によほど余裕があるのでなければ32MB程度を目安に選ぶようにしましょう。

いかがでしたか?
今回はSSDについてお伝えしました。

現在SSD搭載のパソコンは増えていますが、従来のHHD搭載パソコンでもSSDに交換してパソコンのパフォーマンスを上げることが出来ます。
SSDは自分でパソコンを分解してHDDと入れ替えることも出来ますが、業者に依頼して交換作業をしてもらう事も出来ます。

パソコンのパフォーマンスが気になる方は一度検討してみてはいかがでしょうか?
パソコンの仕組みについてはこちらの記事で詳しくご説明しています
初心者向け!パソコンの仕組み

アスモチは、SSDの交換も含めて、大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート・IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ