ITの豆知識

仕事・プライベートに役に立つ簡単にできるITの豆知識を定期的に掲載します。

Windows Updateで不具合が起きた場合の対処法 大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート アスモチ

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート
アスモチのニッシャーです。

今回は「Windows Updateで不具合が起きた場合の対処法」についてお話しします。

どういう訳かWindows Updateに失敗してしまい、何度更新してもインストールできない場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

まずは今回の記事を読んで、一般的な対処法を押さえておきましょう。

パソコンの初期設定サポート

【今回の対処法の対象OS】

Windows 7/8.1/10

【今回の対処法はどんな時に使う?】

Windows Updateを実行すると
「一部の更新プログラムはインストールされませんでした」
というメッセージが表示されて、何度再試行しても更新できない時

【マイクロソフトが配布しているツールを使って対処する方法】

まずはこちらのファイルをダウンロードしましょう。(リンクをクリックするとダウンロードされます。)

https://aka.ms/wudiag(Windows10用)

https://aka.ms/diag_wu(Windows7/8.1用)

・マイクロソフト配布ページ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors
ダウンロードが完了したらファイルを開きます。

すると、
「コンピューターの問題防止とトラブルシューティング」というダイアログボックスが表示されます。

中央に
・Windows Update
・バックグラウンドインテリジェント転送サービス
・Windowsネットワーク診断

などの2~3個のチェック項目が現れます。
どれか1つを選択して「次へ」を選択します。

選択した項目によっては
「管理者としてトラブルシューティングを実行する」
と管理者権限が必要となる場合もあります。クリックして実行しましょう。

問題が解消されると
「トラブルシューティングが完了しました」
と表示されます。

先ほど選択しなかった残りのチェック項目も実行して、エラーが出ていないか、修正できるか確認しましょう。

【Windows標準の機能を使って対処する方法】

・「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」を開きましょう。

左下にある「アクションセンター」を開きます。
※Windows10の場合は「コントロールパネル」→「セキュリティとメンテナンス」で同じ画面になります。

「トラブルシューティング」をクリックします。

「Windows Updateで問題を解決する」をクリックします。

「次へ」をクリックすると、トラブルシューティングが実行されます。

しばらく待つと、

「更新プログラムのオンライン検索は正常に実行されました。Windows Updateを再起動し、[更新プログラムの確認]をクリックしてください」
と表示されます。

トラブルの状態により、この画面が表示されるまで15分~30分程度かかる場合もあります。
実行手順は以上になりますので、Windows Updateが正常に行えるか確認してみましょう。

【まだ解決しない場合】

今回紹介したのはあくまで一般的な対処方法です。

不具合を起こす原因には色々なものがありますので、解決しない場合はMicrosoftのトラブルシューティングガイドを参照してみましょう。

・Windows8.1 Tip集 Windows Updateトラブルシューティングガイド

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows8_1/windows-81-tips-%e9%9b%86-windows-update/518da8f9-e045-4b7e-b77d-b3b6ee68d8b7

・Windows10 Windows Updateに失敗する場合の対処法

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows-10-windows-update/a8a3a4cb-9d67-406e-8ae6-d25451c237d7?auth=1

・Windows Update FAQ

https://support.microsoft.com/en-us/help/12373/windows-update-faq#1TC=windows-8

【その他に出来る事】

以下に簡易的に試せる対処法を紹介します。

・Windows Update前にUSBメモリ、リムーバルディスクなど余分な周辺機器は取り外す
・パソコンの電源を切り、コンセントも抜い10分程度完全放置してみる
・セキュリティソフトを無効にしてみる
・パソコンを再起動してみる
・Windowsの復元ポイントを利用して、Update直前に戻す

いかがでしたか、今回は「Windows Updateで不具合が起きた場合の一般的な対処法」についてお話ししました。

Updateで不具合が起こったら、まずは今回紹介した手順を試してみましょう。
Windows10では多数のアップデートの不具合が報告されています。

中には通常の対処方法では修復できないというものもありますので、インターネットで不具合の情報を収集してみるのも一つの方法です。

アスモチは大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート、
Webサイト制作及びシステム構築等、IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例
(お客様の声)

アスモチへのお問い合わせはこちら ホームページからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ